GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

財布からマネークリップに変えてみた

最近、お金とカード類の管理を財布からマネークリップに移行してみた。

理由は、ここ3ヶ月の間に、2回財布を紛失して、あたふたした思いをしたので・・・1回目は4月の福岡の旅行中、2回目は先週グランフロント大阪MUJI CAFEにて。。。幸い2回とも、財布が戻ってきたのでよかったが・・・日本でよかった。海外だと確実にネコババされていると思う。

今まで使っていた財布について

直近では、ALL−ETTというMade in USAの財布を使用してた。超薄々で、カード類が最大24枚ぐらいまで収納できるという便利さ。

f:id:maro_kt:20140710153235j:plain

私が購入した時は、まだ日本に輸入代理店が無かった時代で、芦屋のSky High Mountain Worksのオーナーさんが年に1回ぐらいに米国まで直接買い付けて来たものをゲット。現在は、NOMADICSというアウトドア輸入代理店で取り扱うようになったので、取り扱い店舗も増えてる。

 

f:id:maro_kt:20140710153758j:plain

 カード類が24枚入るのは便利なのだが、ポケットに入ると割りとかさばる。まあ、それでも、今まで使用していたポーターやTAKEO KIKUCHIの財布に比べたら断然薄いし、コンパクトです。でも、カード類を2枚を横並びしたサイズのものをポケットに入れるわけですから、やはりかさばる。

 なので、お店やカフェに入ると、いつもテーブルの上に財布を置いて、そのまま置いて帰ってしまい、あとで気づくということが(笑)あと、後ろのポケットに入れても、気付かずにソファや椅子にこぼれ落ちていたということもあったし・・・

 

f:id:maro_kt:20140710150604j:plain

 

上記の背景などもあって、マネークリップに切り替えてみた。先日、東急ハンズにて2000円ぐらいでゲット。どこのブランドとかはわかりませんが。。。カードも挟むことも考慮したため、金属むき出しだと傷が入るので、牛革でコーティング(?)されているものに。 

マネークリップを使って数日間の感想

とりあえず、マネークリップを導入して数日間の感想をまとめてみた。

 f:id:maro_kt:20140710151349j:plain

 

メリット:

  • ポケットが嵩張らくなり、楽ちん。
  • 前ポケットに入れても、全然圧迫感なし。
  • 不用なカードを持ち歩かなくなった
  • 手持ちのお金の金額がすぐに把握できる
  • レシート類の整理が頻繁にできるようになった

 

デメリット:

  • PiTaPaを使う時は、一旦クリップから外さないと読み取ってくれない(クリップの中が金属が入っているためだと思われる)

 

私は、元々、コンビニでもスーパーでも、何か買物をする時は、基本的にはクレジットカード or 電子マネーWAONPiTaPa)なので、あまり現金は使いません。現金を使うのは、ランチでクレカが使用できないところか、トレイルランで自販機でドリンクを買うときぐらいか。。。

 

また、小銭に関しては、ハイカーやトレイルランナーにはお馴染みのグラナイトギアのHiker Walletに入れることにした。軽いし、カード類も入れることもできるので、オススメ。

 

f:id:maro_kt:20140710150739j:plain

 

あとは、今まで持ち歩いていたカード類は、クレカやキャッシュカード、運転免許証ぐらいに限定して、Tポイントカードやヨドバシカメラのカード類は、別のカード入れに入れて一括管理にすることにした。

マネークリップはホリエモンも愛用

マネークリップは、ホリエモンも愛用しているようだ。私はこの記事をみて、マネークリップを導入しようと決定した。

彼の場合は、集中すると周りが見えなくなるとのことで、財布をしょっちゅう紛失していたようだ。

僕はずっとマネークリップを使っていますが、一にも二にも紛失防止のためです。僕は実にいろいろなものをなくすんです。ひとつのことを考え始めると他のことを忘れてしまうので、お財布なんて10個以上なくしました。マネークリップならズボンの前ポケットに入れられるから、絶対になくすことはありません 

あと、お金に対するホリエモンの考え方について。昔は、株や買収やらで、金の亡者のようなイメージがあったが、逮捕されて、そして収監、そして釈放を通して、何か大きな気づきを得たのかもしれない。

 お金って、いま当たり前のように「価値のある」ものだと我々は思い込んでいるが、これは紙幣・貨幣を発行している日本政府や日本銀行の信用があってのもの。米ドルの場合は、米政府だね。

 でも、その信用って、この資本主義という大きなシステムのなかで条件付けられたものので、その条件が変わるとどうなるか・・・もしかすると「今じゃケツを拭く紙にもなりゃしねってなによぉ」という時代が来るかもしれない。

そして、その全ての条件を取り払った時に、何が残るか・・・と考えた時に、まずは人間との信頼とか信用とかの関係性や情が残るのかなと思う。

でも、お札やコインには何の価値もないんです。お金というのは信用のalias(別名)であって、とりあえず便利だからお金を使っているけれど、やり取りしているのは広い意味の信用です。だから、本当に貯めなくてはならないのは信用なんです。

なぜ、ホリエモンは金がむき出しのマネークリップを愛するのか:PRESIDENT Online - プレジデント 

最後に・・・

とまあ、マネークリップを導入してみて、いろいろ考えさせられました。でも、なんといっても、身軽なのがすごくオススメ。また、なにか気づきがあれば、投稿したいと思います☆