GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

2014-09-28 若狭路トレイル43km / Wakasaji Trail Race 43km

http://instagram.com/p/tduSKPkYL2/

昨日、福井の若狭路トレイル 43km走ってきました。

 

若狭路トレイルを走っての感想

えらいハードなコースだった。さすがUTMF/STYのポイントがゲット出来るだけある。斑尾50kmや平尾台40kmの比ではないぐらい。40、50kmクラスでここまでしんどいのははじめてだわ。。。累積標高は2521mと、43kmのレースにしては高いと思う。

f:id:maro_kt:20140929223244p:plain

登りは、UTMF/STYでお馴染みの天子山地のショート版って感じ。各登りセクションは20〜30分程度で登頂できるが、それが4回ぐらいあるので、全部で天子山地を登り切った感じになる。下りも、急なところが多くて、STYやUTMF目指される方は、是非ここのレースは走っておいたほうがいいでしょう(ポイントもゲットできるし)。

 

f:id:maro_kt:20140929223229p:plain

あと、あまりにもキツイレースだったためか、熱疲労熱中症の初期症状)で25km地点ぐらいから頭が痛くなって、ペースダウン・・・・お陰で、終盤のロードの登りは、走る予定だったが、無理だった。最後のエイド(38km地点)で、頭痛の痛みに耐えられなくなり、ロキソニンを摂取。その後、ロキソニンの効果が出る前にゴールといった感じ(笑)タイムは8時間5分ぐらい。まあ、あの頭痛の中で、なんとか完走できたのは良かった。

 

景色・土地柄とか

景色は、良かったと思う。海、山、湖の景色が同時に楽しめるのは、珍しいね。天気にも恵まれたし、透き通った景色でした。後半は、頭痛のため景色を楽しむ余裕がなかったが・・・(笑)

あと、会場周辺の若狭町エリアは、のどかなところで、時々足を運んでみたくなる。宿泊した世久見エリアも、目の前に漁港があって、普段大阪や京都で活動していたら中々見られない光景であった。やはり、海の町だけあって、魚介類が美味かった。

大阪からサンダーバードで行けば、2時間程度で行けるところなので、アクセスもバッチリ☆

 

▼日本海側の風景

f:id:maro_kt:20140929224128j:plain

三方五湖

f:id:maro_kt:20140929224147j:plain

 

装備品

  • シューズ:THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL
  • ザック:PaagoWorks RUSH7
  • ウェア:Patagonia Air-Flow Sleeveless
  • パンツ:Patagonia Strider Pro Shorts
  • カーフ:Compressport R2
  • サングラス:Smith Reactor Max (鏑木モデル)
  • ハイドレ:Salomon Softflask 500ml x 2
  • ヘッドウェア:THE NORT FACE製のヘアバンド(UTMFモデル)
  • サプリメント:塩熱サプリ、エナジージェル(CLIF&SAVAS)、ZEN

この時期のハイドレは、ソフトフラスクは、使いづらいな。やはりホース式のリザーバがベストかと。リザーバの場合、補給は時間を要するが、リザーバのほうが走行中こまめに摂取できる。

今回の熱疲労も、こまめに水分&電解質が摂取できなかったのが原因かなと思われる。

本格的な秋冬であれば、ソフトフラスク&塩熱サプリでもいいかもしれないが、暑い時期はリザーバにMUSASHIを入れるのがベストかも・・・・

 

総括

かなり大変なレースであって、熱疲労でかなりシンドイレースだった。でも、それまでの走りはかなり良かった。

今年のSTYまでやっていた加圧トレーニングの効果がかなり出てると思う。

あと、ここ1ヶ月ぐらい取り入れているのがヨガ。といっても、どこかのスクールにかよっているわけではなくて、本や雑誌などで勉強しながら、見よう見まねで。あと米国のワークショップの際に習ったので、それを最近はほぼ毎日やっていたのが効果がでているのかと。ケツで走れているし、骨盤と肩甲骨の連動性もかなりスムーズになったかと思う。 

 今回のレースを糧に、次回のキャノンボール、KUMANO OLD TRAILS 50km、東山三十六峰、ひいては、来年、海外のウルトラトレイルに向けて調整していきたいと思う。

 

f:id:maro_kt:20140929225809j:plain