GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

「食アスリートベーシック講座」受けてきた

f:id:maro_kt:20141018141618j:plain

musubi cafe 祇園鴨川店で、「食アスリートベーシック講座」を受けてきた。

講師は、musubi cafeスタッフであり、食アスリート協会のジュニアインストラクターの高野悠里(ゆりまろ)さん。

 

どんな講座?

一言で言うと、アスリート向けの普段の食事内容とその摂取方法に関して、教えてくれる。講座は、90分+90分の3時間でコンプリート。

 

対象

表向きは、アスリート向けです。あとは、学校などの部活で競技スポーツしている子どもを持つ親とか・・・

でも、個人的には、普段運動していない人も是非受けてもいいかなと思う。食事のとる内容とか、仕方とかが変えるだけで、体とココロが元気になると思う。

 

受けてみた感想

有料講座(¥8,000 + TAX)のため、あまり細かな内容は書けませんのでご了承下さい。とりあえず、自分の主観で、受講した感想文を書いてみたいと思う。

 

以前からゆりまろさんからは、こういう食事をしたほうがええでというのはアドバイスを受けていて、普段から実践している。

でも、もっとその理論とかもっと深いところを学びたいと思って今回受講。今年の春ぐらいから講座はやっていたのですが、スケジュールが全然合わなくて、ようやく受講って感じ。

 

  • 日本人は、やっぱり和食、お米なのだなと思った。
  • 何を摂るかはもちろんのこと、どう食べるかというのが重要。
  • 要は、食べたものを最終的にはきっちり吸収させないと意味が無い。
  • しっかりとした栄養を吸収する体、胃腸を作る事。
  • 食べることに対する姿勢・意識も重要!
  • そして、食べ物が、ココロとカラダを創りだす!

 

以前からは、栄養学的なセミナーは個人的にはチョクチョク受けていたのだが、内容的に「何を食べるか?」「どんな栄養素を摂ればええのか」ばかりであった。

しかし、食アスリートベーシック講座では、「何を食べて、どう食べるか?」というところまで習得できる。どう食べるかがかなり重要で、ここがしっかりできていないと、食べたものがちゃんと吸収ができない。なので、いくらいい素材のもの、栄養価の高いものを食べても、効果が出ない・・・

私は、この食べ方の部分に関しては、欠けていたものがあった。なので、これはぜひ自分のライフスタイルに取り入れる。

総括

実際受けてみて、めっちゃ良かった。普段からこの食に対する姿勢・意識をしていれば、自然としっかり栄養を吸収カラダができるのだと思った。

 

特に、私たちウルトラトレイルランナーは、走力以外にも、食べる力も重要。競技上、24時間以上も動き続けるので、ここの力の差は大きいかと。

 

あとは、メンタル面も、やはり食事がすごく影響すると思う。近年、人間関係、職場環境、ストレスなどで、うつ病のような精神疾患者が増加している。これは、もちろん社会構造、産業構造、経済なども影響しているようだ。

しかし、近年、食の欧米化や、コンビニやファーストフードなどの食の質がどんどん低下している。なので、普段から、ファーストフード中心だと、やっぱりココロもカラダもいいコンディションを維持できないのだと思う。なので、増えているのかなかと・・・

 

最後に・・・

食アスリートベーシック講座に興味ある人は、お近くの食アスリートの認定講師や直接協会にお問い合わせください。特に、京都・大阪界隈のひとは、musubi-cafeまでお問い合わせくださいまし〜。

 

f:id:maro_kt:20141018141625j:plain