GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

2014年を振り返って・・・

おはようございます、つつみけんじ@まろです。

 

今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉

 

今日が2014年最終日。2015年は、福岡で迎えることになるだろう。さて、個人的な毎年な恒例行事になっているが、毎年の締めとして、31日の大晦日には、この1年を振り返っている。

 

なので、今年も振り返りをやってみたいと思う\(^o^)/

 

2014年を全体を通してどうだったか

内容のめちゃくちゃ濃い1年だった。ホンマに充実して、楽しい1年であった。沢山の新しい出会いもあった1年であった。そして、自分を大きく成長できた1年であった。

 

マラソン・トレイルランニングについて

今年は、なんといっても4月に開催されたSTY(92km)を完走できたこと。2年前のレースは、左ふくらはぎ負傷で30km地点の西富士中学校でDNFを余儀なくされたが、この2年前の雪辱をはらせたのは非常に嬉しい。喉の奥につっかえてものが取れたって感じ。

 


STY 2014 91.5K FINISHED! - Connecting the Peaks.

 

STYを走っている時は、本当にしんどかった。特に天子山地はホンマに辛かった。でも、この天子山地を超えたあたりから、自分の殻が何枚も抜けた感じがした。そこから、あらゆるレースで、自己ベスト更新や、自分に取って最高の走りができるようになった感じがした。これが今年のターニングポイントなのかもしれない。

 

そう、今年はトレイルランナー・相馬剛との出会いでもあった。3月に京都〜滋賀でのイベントではじめて出会って、そしてUTMF/STYでのゴール会場で、私の完走を祝ってくれたのは非常に嬉しかった。しかし、この会話が相馬さんとの最後であるとはこの時は思いも寄らなかった。

 

2014年の7月に、相馬さんがスイス・マッターホルンで遭難の一報を受けた時は本当にショックで、数日間、頭が呆然とした。しかし、たった2回との接点が本当に私にとっては宝で、今後の人生にとってプラスになると確認している。そして、時々、走る時は彼を感じながら走ることもある。相馬さんの力強い走りは、ホンマに自分にとって素晴らしいベンチマーク。ホンマにありがとうございます。

 

観術との出会い

2014年1月16日〜19日、東京にて「ワクワク観術セミナー」を友人の紹介で受講することに。この時は、正直なんとなく〜で受講していたが、受けてからなんか自分の観ている世界が少しずつだが変わってきた感じがした。

 


ワクワク観術セミナー - NR JAPAN株式会社

 

いままで、正直な所、なんとなく〜で生きていたのが本音なのだが・・・(笑)

 

それが故に今までやってきたことに対して、あまり誇りに思えなかったのだった。しかし、観術を通して、今まで携わってきたITエンジニアや、カラダを鍛えていたことが、海外でアバターコースを受けたこと、ホンマに意味のあるもので、そして私の周りに非常にいい影響を与えていた、そして自分の尊厳性が素晴らしということに気づけた1年であった。

 

現在、福岡にいるのも、その復習を兼ねて、訪れている。今日から2日目に入るが、1日目のセミナーだけでも、非常に素晴らし気付きがあり、ホンマに素晴らしい1日を過ごせた。ここは、また詳細に後日紹介したいと思う。

 

お仕事のこと

2013年2月に7年以上も勤めていた会社を辞めてから、正社員の枠を外して、新しい自分として生きはじめた俺。今年の7月には、また新しい職場にチェンジして、新しい環境で働いている。

 

環境を変えて働くのは、自分にとっては大きなプラスになると改めて感じる。もちろん、新しい技術や知識を得られるというのもあるだろうが、新しい関係性の構築、そしてそれを容易に構築できるチカラを実感できた。これも、観術やアバター、そしてウルトラトレイルで培ってきた経験が生きているのだろうと思う。

 

今後、色んな場所でやっていけると確信した1年であったと思う。

 

最後に・・・

こうやって振り返ると、ホンマに出会いというのが自分やみんなを変えていくキッカケになるのだろうと思えた1年であった。そして、2014年がめっちゃ充実した1年を過ごせたのは、ひとえにみんなのお陰です。そして、みんなの成長に刺激を受けて、私もまた成長できると感じている。

 

いままでの出会いに感謝。そして、今後の新しい出会いに期待して2014年の残り1日を楽しみたいと思う。サンクス〜\(^o^)/

 

2014年12月31日

JR博多駅のベーグル・ベーグルにて・・・