GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

平尾台トレイルランニングレース2015のスケジュール公開 & オススメな理由

f:id:maro_kt:20110417065815j:plain

北九州で毎年4月に開催されている、個人的にめっちゃリコメンドなトレイルランニングレース「北九州・平尾台トレイルランニングレース 2015」の要項が公開!


GREEN FRONTIER HIRAODAI TRAIL 北九州・平尾台トレイルランニングレース

  • 開催日:2015年4月19日(日)
  • エントリー:2015年2月16日(月)0:00〜  RUNNETにて

私は2014年のレースを除いて、2010年の第1回のレースからずっと参加しているレース(昨年はSTYに参戦のため)。今年は、UTMFが秋開催になったため、必然的に4月は平尾台を走ることになりそうだ(クリック合戦に勝てれば(笑))

さて、ここで過去に4回も参加している私が、平尾台トレイルレースのリコメンドなところを簡単に紹介していきたいと思う。

日本の山では珍しい絶景なコース

日本では数少ないカルスト台地で開催されるレース。日本の山は、基本的に木々が多い森林のなかのトレイルを走る感じが多いが、平尾台は海外のトレイルのように、草原って感じのところを走れる。

木が無いので、景色はヤバイ。遠くまで見通せる絶景のなかを走れるのが平尾台トレイルの特徴だ。これは、関西の山ではなかなか見られない!

f:id:maro_kt:20110417071617j:plain

f:id:maro_kt:20110417080356j:plain

f:id:maro_kt:20110417121519j:plain

コースは、40kmと17kmと2つあるが、どちらのコースでも絶景は楽しめる。なので、トレイル初心者の人も絶対オススメで一度足を運んでいただきたい!

交通アクセスが楽ちん!

平尾台の最寄りのメインターミナルは、新幹線の小倉駅。

小倉は、特に関西からのアクセスが格段にいいので、関西に住んでいるトレイルランナーは是非走っていただきたい。

 

前日は、小倉駅周辺の会場で選手受付、ブリーフィング、各メーカー・ショップによる即売会、そしてビュッフェ形式の懇親会などの各種イベントが開催される。

そして、宿泊はJR小倉駅周辺でとって、当日の早朝にJR小倉駅前からシャトルバスが出るのでそれで会場入り。

f:id:maro_kt:20110416101707j:plain

レース前日、早朝の新幹線で小倉に乗り込めば、小倉や門司港など有名ドコロを観光できるので、旅しながら走るという旅ラン的な使い方もピッタリ!個人的には、小倉駅前にあるレトロで、リーズナブルなパン屋さん「シロヤベーカリー」がオススメ\(^o^)/


シロヤベーカリー 小倉店 - 小倉/パン [食べログ]

トレイルランナー・石川弘樹プロデュースのレース

日本のトレイルランナーでは知らん人はおらんのちゃうかなと思えるぐらい、日本のトレイルランニングの第一人者である石川弘樹氏プロデュース。

今では、日本中で沢山のレースをプロデュースしているが、平尾台は、その中の一つであり、比較的に早期にプロデュースしたレース。

彼がプロデュースするレースは、走れるトレイルコースをコンセプトにコース設計している!そして、充実したエイド、そしてしっかりしたレース運営は、私も安心してレースを楽しめる。

それ故、大人気で、長野県の斑尾50kmなんて、エントリー開始後5分未満で完売・・・

そして、彼の甘いマスク&爽やかな笑顔は、女性トレイルランナーからも人気が高い!レース前のコースガイダンスやトレイルランニング講座も、分かりやすくて、そして所々ジョークも飛ばして男女問わず大人気。


パタゴニア:トレイルランニング・アンバサダー:石川 弘樹

 

書きたいことは沢山あるが・・・

平尾台トレイルレースは、沢山の魅力もあるのですが、ブログのスペース上、あまり書きすぎると、大変読みにくくなるので、今回はここまで。

でも、やっぱり自分の5感覚で平尾台を感じて欲しい。そうしないと、平尾台の良さを感じられない。そして、タイムを狙って本気で走るよりも、景色を楽しみながら、ゆったり走るのがオススメ☆

レース会場でお会いしましょう\(^o^)/