GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

リーディング&カンパニーの記事のススメ【前編】 / 1年半先を行くブログ

http://www.flickr.com/photos/9619972@N08/2781329487

photo by just.Luc

最近、ずっと読み続けているブログメディアがある。「リーディング&カンパニー」さんが提供する「1年半先を行くブログ」の記事だ。 

lrandcom.com

私は、普段はGIGZINEやGIZMODO、あと海外のメディアであればTHE VERGEや、Readwrite、Techcrunch、Yahoo.com(アメリカ版)などなど読みあさっている。

特に、今回紹介するリーディング&カンパニーの記事は、非常に面白くて、今世の中にはびこっている常識から観点を離れて、新しい観点で記事を書いている。なので、今後日本に訪れるであろう21世紀型の知的情報社会・経済に必要な知識を習得できるのではないかと個人的には考えている。

さて、リーディング&カンパニーの記事のなかで、個人的に絶対読んだほうが良いリコメンドな記事をまとめたいと思う。記事が長くなるので、前編と後編に分けて書いていきたいと思う。

人間の最も基本となる「食」に関する記事

http://www.flickr.com/photos/37033276@N00/2536005489

photo by pallavi_damera

 21世紀の知的情報社会においては、頭を働かさねばならない。なので、頭を働かせるための原動力となる「食」についてまとめたもの。

個人的には、「食」を変えることで、あらゆる行動や知能、意識によい影響を及ぼすのではないかと感じている。日常的に食べているものが、自分のカラダを創っているのはもちろんのこと、考えやメンタル面にも大きく影響しているのではないかと感じている。

特に、いままで現代人にとって常識であった「1日3食」も果たして正しい食べ方なのかが疑問にも感じるようになった。わたし自身、現在は「1日2.1食」にシフトして、以前よりもカラダの調子がいいように感じている。

 

私たちが住んでいる日本は、捨てるぐらいの食糧にあふれている。しかし、本当に必要な食べ物、量ってどれぐらいなんだろう?? それなのに、世界には飢餓に苦しんでいる人も居ることも事実。お金がある国に食糧が集まっており、且つ大量に食べて病気になってしまう。。。この悪循環は日本のみならず、全世界共通の問題であろうと思う。

lrandcom.com

 

lrandcom.com

 

lrandcom.com

多くの仕事が「テクノロジー」に代行される

http://www.flickr.com/photos/93482748@N02/13110122175

photo by Thomas8047

いま世の中にある多くの仕事が「テクノロジー」「ロボット」「人工知能」によって置き換わられる。これは、わたし自身、ITインフラエンジニアの仕事をしている関係で、もうねヒシヒシと感じるね。

たぶんね、ここ10年ぐらいで大きく変わって、いわゆる「お刺身にたんぽぽ(正しくは、食用菊)を乗せるバイト」のような単純作業なお仕事は全部ロボットやテクノロジーに代行され、雇用がドンドン減ってくる。

それだけではない。お店での商品説明、自動運転車の登場、鉄道・航空機の自動運転化、工場の完全なオートメーション化などなど、いま世の中にある人間がしている仕事がドンドンなくなってしまう。。。日本では、2020年の東京五輪がターニングポイントになりそうだと思う。これは、もう私たちが望まないことであっても、必ず訪れる事実。。。

しかし、このテクノロジーのおかげで、いままでやっていた人間がするべきではないツマラナイ仕事から開放されるのも事実。人間は、他の生物にはないクリエイティブな事ができる動物である。これを踏まえると、必ずしも悪いことではないと私は感じている。

lrandcom.com

lrandcom.com

lrandcom.com