GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

【レビュー】Under Armour Speedform Apollo Vent

https://www.instagram.com/p/BAoYMyCkYJX/

アンダーアーマーのランニングシューズを買ってみた。モデルは、UA Speedform Apollo Vent。

実は、アンダーアーマーのランニングシューズは以前から注目していた。独自のミッドソールのマイクロGや、一体成型のアッパー・SPEEDFORM。製品コンセプトはすごく好きで、欲しいなと思っていた。

www.youtube.com

 先日、三井アウトレットパーク大阪鶴見のアンダーアーマーファクトリーハウスで旧モデルのUA Speedform Apollo Ventを発見。ためし履きした所、かなり気に入ったので、思わず購入・・・(笑)

ほんで、実際走ってみたところ、個人的には今まで履いたランニングシューズの中では一番かも・・・そして、意外にも、ネット上でレビューが書かれていないので、ここで私の主観でレビューしてみたいと思う。

吸い付くようなフィット感

UA SPEEDFORMシリーズの宣伝文句そのままなのだが、ホンマにそう。

ランニングシューズで一番大切なのは靴との一体感。人馬一体。特に私がランニングシューズを選ぶときに重視しているところが踵。少しでも隙間や空間があると、走るときにどうしてもロスがでる。

海外メーカーのは、どうしても外人さん向けに設計しているせいもあって、なかなか合うものが少ない。しかし、アンダーアーマーさんはやってくれましたよ。

写真のヒールカップの部分だが、これはなんとブラジャーを参考に開発されたとか。女性の大切なところを優しく支える部分を踵にも!!この立体的且つシームレスに成型することで、今までにない踵のフィット感を実現。

ヒールカップに関しては、今まではミズノが最強と思っていたが、アンダーアーマーがその上を行ってしまった。 

安定感&高反発なミッドソール

あとミッドソール。これも完成度高い。マイクロGというアンダーアーマーが独自に開発したミッドソール。低重心 ✕ 高反発 ✕ 安定性を備えたミッドソール。スポーツカーではお馴染みの設計思想。

実際に走って見ると、着地したあとの反発力がしっかりしており、スムーズに足を運べる。ソールは硬めだが、変に硬すぎず。。。でも、ミッドソールはある程度硬くないと安定感もでないし、スピードも出せない。ここは好みになるが、俺は好きな硬さやな。

感覚的には、ALTRA ONE2のミッドソールを硬くした感じに近い。分厚さとかは、よく似ている(ミッドフット〜フォアフットにかけて)。

ミニマリストにもオススメな重量

26.5cmで171gというミニマル仕様(写真のコンビニ袋の重量は除いてますww)

ニューバランスのMINIMUSシリーズや、ALTRAのONE 2.0/2.5を愛用している人にとっても十分にありかと。

ただ、ドロップに関しては、海外サイトの記事によると8mmとのこと。ミニマルランナーにとっては少しドロップが高いかも知れないが、INOV-8にもそれぐらいのモデルがあるので、そこは許してあげて・・・

個人的な意見だが、ゼロドロップシューズもいるし、そこそこドロップの効いたシューズ両方は必要かと最近感じている。そこそこドロップの効いたシューズは、正しいフォームで走ると、スピードが出やすいし蹴りやすいのは事実。もちろん、ゼロドロップなシューズはフォーム修正には持って来いなので、両方で練習すると効率がええかと思います。

まさに、「第2の皮膚(セカンドスキン)」を体現したシューズ

アンダーアーマーのウェアのコンセプトである「第2の皮膚(セカンドスキン)」。アンダーアーマーはコンプレッションウェアの先駆け的なブランド。皮膚に密着するようなアンダーウェアを開発している。

そのアンダーアーマーが、セカンドスキンをランニングシューズにも適用。皮膚であるが故に、やはりフィット感が重要視される。アンダーアーマーが作りたかったシューズがこれなんだなと実感できた。

アンダーアーマーにとっては、まだまだシューズに関してはチャレンジャー的な存在。海外では存在感が出てきて、人気も高い。でも、日本国内だと圧倒的にアシックスだし、ミズノ、アディダス、ナイキといった強豪も存在・・・でも、独自の視点でいいシューズを創っているので、アンダーアーマーはもっと評価されてもいいと思う。

というわけで、どこかでアンダーアーマーのシューズを見かけたら、一度ためし履きしてみてくださいね。