GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

ランナーには必需品。僅か50gのミニマルなマイクロカレント治療器 / 伊藤超短波 AT mini(ATミニ)

https://www.instagram.com/p/BCLE8XdkYII/

ハードに山を走るトレイルランナー、毎月のようにレースを走っているランナーを始め、あらゆるスポーツを楽しむ人に、日常のボディケアに是非オススメしたいのが、この伊藤超短波のAT mini。

普段の仕事や家事などの合間に走る市民ランナーは多いと思うが、どうしても時間がなかなかとれないためか、ストレッチやマッサージといったケアを怠ってしまう傾向にあるかもしれない。

しかし、個人的にはトレーニング以上に、体のケアが非常に大事だと常々感じている。ケアを怠っていると、パフォーマンス低下はもちろんのこと、怪我や故障のリスクも高まる。故障してしまえば、暫く走れないし、辛いと思う。そして、中途半端に治ったところで走り始めるとまた怪我・・・という悪循環に陥ってしまう。

私も重要なレースの前はしっかりケアをするが、それ以外のところはサボり気味(笑)

http://www.flickr.com/photos/80672516@N00/14287100302

photo by Dustin Quasar

 治療やケア方法は沢山ある。整骨院やマッサージ屋さんでケアしてもらうのもありだし、ヨガやストレッチ、あとRAD ROLLERやストレッチポールを使った筋膜リリースといった方法もある。しかし、ケアをするのは意外にもお金も時間もかかってしまう。

そこで、私が提案したいのが、「ながらケア」。仕事しながら、運転しながら、テレビを見ながら、移動しながらといったスキマ時間を活用してのケア。それを可能とするのが、伊藤超短波が最も得意とする「微弱電流(マイクロカレント)」を使った治療方法であり、今回紹介するAT miniだ。

伊藤超短波 AT miniについて・・・

http://www.flickr.com/photos/34580986@N03/4752583192

photo by JonathanCohen

人間の体内には微弱な電流が常にながれている。実は、これに似た微弱電流(マイクロカレント)を筋肉に流すと細胞が活性化することがわかっており、これを応用したのがAT mini。

このマイクロカレントによって細胞が活性化すると、傷ついた筋肉の回復が促進。怪我や故障、疲労の回復がいつもより治癒される効果がある。

このAT miniには、3つのモードが備わっており、自分の肉体のコンディションによって使い分ける事が可能。

  • CARE : 疲れとかを治癒を促進させるときに使うモード(MAX12時間)
  • PAIN : 痛みがあるときに流すモード(MAX1時間、一番パワーが強い)
  • COMBO : 上記2つの組み合わせ(PAIN ⇢ CAREに移行する)

AT miniの開発元は伊藤超短波。伊藤超短波は、この分野でのパイオニアらしくて、創業100年という歴史ある企業。AT mini以外にも、医療用や業務用の治療器も開発している。また、多くのトップアスリートを陰ながら支えている企業。

ITO Sports Project | イトースポーツプロジェクト | 伊藤超短波

ランナーであれば、アースマラソンを走破した間寛平さん、カンボジア人となった猫ひろしが愛用しているとのこと。特に寛平ちゃんは、アースマラソソン中、ATミニを始めとした伊藤超短波のサポートがあったからこそ、走り切れたと語っている。

www.youtube.com

 

実際に使ってみた感想

以前から、このAT miniは興味を持っていた。

昨年のIzu Trail Jouneryに参戦した時に、足首を捻挫して42km地点でDNF。その後、友人の紹介で、この伊藤超短波の機材を扱っているサロンで治療。本来なら、2週間ぐらいかかるのだが、僅か1週間弱で痛みも腫れもひいて、普通に歩けるようになったのを覚えている。

その後は、何度かそのサロンにはお世話になったのだが、2/24が私の誕生日ということもあって、自分への誕生日プレゼントとして、AT miniを購入。そして、数日間使用していた感想を語りたいと思う。

届いてから、翌日早速使ってみた。違和感を感じていた左膝周辺にパッドを付けて、朝9時ごろから約8時間ぐらい使ってみた。もちろん、この日は普通に仕事なので、つけながらお仕事。。。モードはCOMBO。使っている間は特に何も感じない。ピリピリすることもないし、低周波治療器のように筋肉がピクピクするわけでもない。

そして、夕方頃、ふとデスクから立ち上がってみたところ、左脚がやたらと軽いと感じるようになった。歩くと、全くマイクロカレントを流していない右脚との差が顕著にわかるぐらい。違和感のあった左膝周辺も、付ける前とは明らかに改善されている。ホンマに凄いわ。

その後は、右脚にも付けて、右脚も軽くなり、かなりいい感じに仕上がっている。

ながらケアができるのがオススメ

今も、この記事を書きながらマイクロカレントを流しているのだが・・・仕事をしながらケアができるのはホンマに素晴らしい。まさにマッサージ屋泣かせの小さな巨人(笑)

もちろん、肉体労働系の人は、これをつけながら仕事するのは難しいかもしれないが、仕事を終わった後、帰りの電車の中とかでも使えるし、実は睡眠時にも使用できるようだ。お風呂入っている時以外は使用可能とのこと。

このAT miniを導入することで、より効率よくケアができるようになり、怪我や故障のリスクも軽減。もちろん、本当に怪我した時は、病院に行ってくださいね(笑)あと、ガチのレース前とかは、積極的にスポーツ施術院とかも活用して、パフォーマンス100%な状態で望みましょう!

重量・大きさ共に、ポケットにスッポリ入るぐらいのものなので、遠征時や旅先に持って行く時のも便利。

http://www.flickr.com/photos/79651013@N05/14442532373

photo by daniel.chodusov

あと、この商品はアスリート以外の方でも十分に使えると思う。Googleで検索を色々調べてみたところ、ミュージシャンやアーティストな人も愛用している。ミュージシャンも、腕を酷使する環境下にあるので、腕のケアは必要かと。腱鞘炎とか・・・そういう意味でいうと、私の本業であるIT系のエンジニアも・・・プログラムでバシバシキーボード叩くので・・・

価格は1台29,800円〜。私が購入したのはベーシックな1ch出力のAT mini。ただ、ランナーな人は、もしかすると2ch出力可能なAT mini2(39,800円)の方がオススメかも。両足同時にケアができるので、ハードにトレーニングするランナーにとっては、ケアがより楽ちんで効率よくできると思う。

結構いい値段だが、もっと効率よくケアをしたいとか、怪我や故障が長引いているといった人には、是非買いましょう、というか買え(笑)マストバイです(笑)

【低周波治療器】AT-mini(ATミニ) リッチブラック

【低周波治療器】AT-mini(ATミニ) リッチブラック

 

 

 

参考記事 

www.matsuehari9.net 

 

k-yahata.hatenablog.com