GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

【UTMB 2018】CCC、OCCで中国勢が表彰台へ

自分のフォトストリーム-913

GO ASIA TRAILの堤です。

現在、世界最高峰のトレイルレースであるUTMB(Ultra Trail du Mont Blanc)が真っ最中ですね。アジアのレースを中心に取り上げている私でありますが、UTMBはトレイルランナーとしては、ウォッチせざる負えないです。私の友人も、CCC、TDS、UTMBを走ったり、走っているランナーのサポートのためにシャモニーを訪れており、連日FacebookやTwitterなどを通して、情報を頂いております。

さて、今年のCCCとOCCは、中国勢が表彰台へ。2003年から開始されたUTMBの歴史の中で、中国勢が表彰台に登ったのは今回が初めて。アジア勢では、日本とネパールだけでした。

CCCは、男女カップルで表彰台へ(女子は1位、男子は2位)

今年のCCCですが、中国人カップルのトレイルランナーが表彰台に入り。女子のMiao Yao(妙姚)が、11時間57分で女子トップでフィニッシュ。そして、Miao Yaoの恋人であるMin Qi(祁敏)は10時間50分で男子2位でフィニッシュ。

実はこのカップルは、今年のVibram HK 100で男女トップの選手。いま、アジア、いや世界最速のトレイルランナーカップルかもしれない。しかも、Miao Yaoは、まだ22歳という若さ。(彼氏のMin Qiは30歳とウルトラトレイルの中ではまだまだ若手!)。今後注目の選手ですね。

www.sohu.com

OCCは、中国の少数民族のErenjia Jia(贾俄仁加)がトップ。

そして、OCC(56km)では、中国のErenjia Jiaが男子/総合トップで優勝。1994年生まれの24歳で、中国の内陸部の青海省出身。中国国内では、50km未満の短いレースでは実績を重ねているランナー。中国の少数民族である。Toreadという中国のアウトドアブランドからスポンサーを受けている。

www.youtube.com

www.sohu.com

 実は中国勢は世界最強という説

China-7704

中国では、越野跑(Yue Ye Pa、ユェイェパオ)という名前で昔から山を走る競技は根付いている国。レース数も、アジアではトップの数を誇り、競技人口も多い。内陸部のレースは、標高が4000m以上で開催されるレースもあり、競技レベルも実は高いらしい。聞いた話だと、フランスのエリートランナーが、中国国内のレースに参加したときに、歯が立たなかったという逸話も聞くぐらい・・・

ただ、中国国内で沢山レースあることもあり、わざわざ海外(特に欧米)まで行って走りに行くランナーは少ない傾向にあった。なので、トレイルランニングの本場である欧米のレースでは、中国勢は無名の存在であった。アジア勢だと、日本だったり、ネパールがちょくちょく表彰台に登って、注目される存在になったが、ここ数年は圧倒的にフランスやスペイン勢が強く、それについでアメリカといった感じでしょうか。

今年の3月に、雲南省で、UTMBのオーガナイザー主催のレースである「Ultra Trail Mt GaoLiGong(高黎贡)」が開催された。このレースの開催をキッカケに、中国のトレイルランナーが欧米のレースに注目され始めたんだろうか。そのかいもあってか、UTMB 2018年の中国人の参加者が急増している。経済的にも、まだまだ成長段階である中国は、今後どんどん世界のレースに進出してくるであろう。

www.mtgaoligong.com

まだ、UTMBやTDSといった、100km超級のレースではまだまだ欧米勢が独占状態であるが、数年以内には中国勢からUTMBやTDLの優勝者が出てくると思う。特に、CCC女子優勝者であるMiao Yaoはまだ22歳だし、その彼氏もMin Qiも30歳なので、来年再来年あたりにはUTMB表彰台に立ってもおかしくない。チャイナパワーが、トレイルランニング界にも押し寄せてくる。

個人的には、ぜひともMiao YaoやMin Qi、Erenjia Jiaには、日本のUTMF、ハセツネ、信越五岳のビッグレースを走ってほしいね。