GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

台風21号の爪痕

GO ASIA TRAILの堤です。

2018年9月4日に上陸した台風21号。関西を中心に大きな被害が出た。35年間、大阪を中心に活動してきた私。阪神大震災や6/18の大阪北部地震なども経験したが、昨日の台風21号が大阪で一番大きく爪痕を残した自然災害ではないかと感じております。9月4日は、終日自宅で仕事をしていたが、風があまりにも強く、自宅が地震のように何度も揺れ、かなり恐怖に感じた。

幸い、私や家族、自宅、職場などの自分の身の回り無事であったが、近所の道路や商店街、公園、建物には大きな被害が出てます。屋根が飛んでいたり、看板が倒れたり、信号の向きが90度変わっていたり・・・自宅近所にある鶴見緑地公園では、あっちこっちで倒木や枝が散乱している状態で、安全に通行できる状態ではなかった。ただ、朝から業者さんが、撤去作業に動いており、数日以内にはきれいになると思われます。また、職場の近くにある大阪城公園も同様でした。

街中でこれだけの被害が出ていることから、トレイルランナーのフィールドである山はどうなっているだろうか。。。私のトレーニング場所の一つである、大阪府交野市の「ほしだ園地」では、甚大な被害がでている。ここだけでも大きな被害がでていることから、六甲山や京都一周トレイルも非常に心配だ。

hoshida.osakazine.net

あと、私の一番の心配事は、関西国際空港。関西在住のアジアトレイルランナーの皆さんの玄関口となる場所であるが、現在も復旧めどが立っておらず、最低でも1週間以上がかかるとも。実は、私は9月28日〜10月1日にXTERRA Taiwan参戦のため台湾・高雄へ、10月19日〜22日までTransJeju参戦のため韓国・チェジュ島を計画しているのだが、行けるかどうかいまは未知数。だが、日本の土木工事の技術力なら、復旧できると信じている。情報が錯綜しているが、いまは待つしかない。

www.tokyo-np.co.jp

www.fnn.jp

いくら文明や科学技術が進歩しても、自然の偉大なる力の前では無力だ。計画を立てても、自然の前ではあっという間に白紙までに追い込まれる。そして、山を走るということは自然と接することでもある。そして、その自然があるからこそ、トレイルランニングを楽しめる。改めて、自然のちからというのを痛感した2日間であった。今後も、こういった自然災害は続くであろうから、日頃から身体をハードに鍛えておくことが大切だと感じます。やはり、信じれるのは自分の鍛えた身体だから。

日々の暮らし、そして近所を走れることの大切さを身にしめて、今月末から開始される海外遠征に向けて準備していきたいと思います。