GO ASIA TRAIL

日本人のためのアジアトレイル情報

デカトロン日本1号店(阪急西宮ガーデンズ)に行ってきた

GO ASIA TRAILの堤です。

台湾で何度か訪問しているフランスのスポーツブランド&専門店「デカトロン(Decathlon)」が、3/29(金)兵庫県西宮市の大型ショッピングモール(阪急西宮ガーデンズ)内に日本1号店がオープンした。大阪在住の僕にとっては、割とアクセスのしやすいところなので、3/31(日)に行ってきた。日本1号店オープン直後且つ阪急西宮ガーデンズ自体が全体的にリニューアルしたこともあり、たくさんのお客さんでごった返してました。レジも約15分待ちという行列を作るぐらいであった。

www.decathlon.co.jp

本サイトでは1度紹介させていただきましたが、デカロンは、ナイキやアシックスと行ったナショナルブランドは一切扱っておらず、デカトロンのプライベートブランド(QUECHUA、KALENJIなど)だけを取り扱うスポーツ専門店。スポーツカテゴリは、我々トレイルランナーに馴染みのある、ランニング、トレイルランニング、ハイキング、キャンプといったものから、水泳、ヨガ、バドミントン、テニス、筋力トレーニングなどあらゆる分野のスポーツ用品を取りそろえる。

そして、プライベートブランドだからこそできる圧倒的な安さ、そしてナショナルブランドとは異なる切り口で、ひと工夫加えた製品づくりを武器に、欧州やアジアで展開している。数年前から、日本には大阪に拠点(デカトロンラボ、現在は閉鎖)を置き、小型店舗とオンラインショップを中心に展開。そして、2019年3月29日、念願の日本国内でのオープンにこぎつける。個人的には、スポーツ用品界のIKEAのようなブランドと感じている。

日本1号店である西宮店は、私が台湾で訪れた店舗(高雄鳳山店、台北桂林店)と比べると品ぞろえが豊富だと感じた。特にトレイルランニングウェアは、日本のほうが取り扱いが豊富。日本1号店ということで、気合が入っているという印象。しかし、世界的にみると、西宮店はまだまだ小さい方らしい。

ただし、価格に関しては、台湾の店舗より少し高めな設定。昨年9月に台湾の高雄市内のデカトロンで購入したkalenji sac trail 10lは台湾だと約4500円であったが、日本だと5890円(税込み)という値付けだった。これに関しては、物価の差や税金などを考慮した価格なんだろうと思われる。なお、本国フランスでは35ユーロなので、およそ4360円です。

しかし、5890円の価格でも、SalomonやUltimate Directionなどの海外メーカーのザックに比べると破格。そして、ザック本体だけでなく、1リットルのリザーバー付きの価格。このザックは、レースでも使用しているが、かなり使えます。

買ったもの(戦利品)

まずは、トレイルランニング用のウェア上下。

上のウェアは、生地が薄くて軽い。が、薄い分、強度は少し心配・・・でも、着心地は素晴らしく、特に脇下のフィット感がめちゃくちゃ素晴らしい。背面には、エナジージェルなどを入れる小さなポケットが2つあります。値段は3000円ぐらい。白基調でおしゃれなデザイン。

そして、短パンは、インナータイツとトレイルランニングで便利なポケットが多数。前面には鍵などを入れると便利なインナーポケット(ファスナー付き)があり。そして、背面ポケットはファスナー付きで、スマホなどを入れるに便利なサイズ(iPhoneやPixel3なら余裕)。レースから、日常のトレーニングにもってこいな短パン。

あとは、15リットル版のトレイルザック(Kalenji Sac Ultra-Trail 15l)も購入。2019年春の新作です。3月上旬に台湾に行ったときは発売されてませんでした。8290円(税込み、2リットルのリザーバー付き)。ウルトラトレイル用に開発された商品だそうです。

商品説明は、以下の動画が分かりやすい。ポケットがあっちこっちあって、めちゃ使いやすい。そして、一番のお気に入りは、フロントにスマホを入れる場所が設けられたこと。当ブログを運営する上では、スマホで撮影しまくらないといけないので、必須の機能(笑)

www.youtube.com

あと、コンセプトムービー。商品開発しているシーンもあるが、CGやセンサーなど最新IT技術を駆使してザックの揺れ状況も解析しながら開発している。

www.youtube.com

デカトロンはワクワクさせてくれる

デカトロンに入店したのは、大阪の小さな店舗と、台湾の店舗(高雄、台北)を含めて今回で4回目。

デカトロンの店舗の中に入ると、なんかワクワクする。なんだろうね、あの雰囲気。商品の品ぞろえ、そして圧倒的な低価格、あとデカトロンのコーポレートカラーである青を基調としたお店作り、なんか異空間にいる感じがした。

でも、一番は、価格なんでしょうね。10リットルのトレイルザックが6000円弱(台湾だと4500円)で売っているとか、あとテントが4000円で売っているとか、そういう驚きの連続。でも、単に低価格ではなく、デカトロンの商品が一つ一つが工夫されていて、その辺のスマートさも感じる。ウェアに関しては着心地もそうだし、ザックに関しては使い勝手の良さも。スポーツをより身近にさせてくれるブランドと感じた。あと、日本も台湾も、店員がフレンドリー。

是非、関西在住のトレイルランナーの皆さんは、ぜひ足を運んでみてください。もちろん、他の地域在住のひとも、わざわざ足を運んで訪れてみてください。驚きとワクワクを感じ取りつつ、衝動買いww

関連記事

www.goasiatrail.com